振動や照明だけじゃない?!起きれる目覚ましグッズをご紹介!

アイキャッチ画像 睡眠

みなさま、おはようサービスの悦ちゃんです!

突然ですが、皆さんは起きる時アラームを使用しますか?
アラームを使用しても普段なかなか起きられない、、というお悩みでお困りはありませんか?

そんな皆様へ、本日は珍しい目覚まし時計をご紹介いたします!

気に入ったものがありましたら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

音タイプ

まずは一般的に使用されているアラーム音で起こしてくれる目覚まし時計をご紹介いたします。
大音量のものから、インテリアにも使えるオシャレなもの、アラーム以外の機能性に富んだ多機能のものまでご紹介いたします。

【大音量】セイコークロック「PYXIS NR441E」



商品リンク
こちらはなんと、最大時の音量が100db越えの102.1dB(50cmで計測)とのことです。

この大きさ、なんと電車が通るときのガード下と同じ音の大きさだそう。
これで起きれないという方はいないはず!

もちろん音量調整はありますので、この大きさしか出せないというわけではないのでご安心ください!

ちなみにアラーム音はベル音と合成音の2種類の切り替えができるそうです。

自分に合ったアラーム音を試してみてくださいね。

【オシャレ】YABAE デジタル時計



商品リンク

こちらのデジタル時計、なんとアラーム機能も付いているんです。

置き型として、壁掛けとしても使えるインテリアとしてもとてもおしゃれに映える目覚まし時計です。

こちらはオーソドックスにアラーム音がなるタイプのものですね。

光の明るさは3段階で調整でき、暗い部屋でも文字が明るくて眠れないという心配もなさそうです。

また、ACアダプタも付属でついているので電池が切れた!ということもこれで解消できそうです。

【音楽で起こす】セイコー  PYXIS  NR435W



商品リンク

こちらの製品は一般的なベルやアラーム音ではなく、メロディがなるタイプの目覚まし時計です。

なんとその数31曲!毎日違った音で起こすこともできるので、これなら置き型の目覚まし時計にありがちなアラーム音に慣れるという問題も解消されそうです。

もちろん「ピピピ…」と鳴り響く電子音もご用意しておりますので、メロディ以外も試してみたいという方にもうってつけ!

ちなみにメロディのテイストは、

  • さわやか
  • ドラマチック
  • 楽しい

の3つテイストから選曲できます。

メロディの設定は毎日違ったメロディを流すことも、お気に入りの1曲を選択して毎日流すことも可能です。

もしアラーム音が気になる方は、SEIKOの公式ページにてメロディ音が再生できましたので確認してみてください。

これで毎日起きるのが楽しくなりそうですね♪

【スピーカー機能も】Anker Soundcore Wakey



商品リンク

次にご紹介するのは、なんとスピーカー機能が内蔵された目覚まし時計です。

サウンドが流れる部分に時刻表示されるため、とても分かりやすいですよね。

ちなみにこの商品、スピーカー以外にも様々な機能が備わっています。

  • 充電機能(ワイヤレス充電、USB充電どちらも可能)
  • FMラジオ
  • 睡眠導入に役立つヒーリングサウンド

普段はスピーカーやラジオを使用し、朝はアラームとして使えるのは大変便利ですね!

アラームはスヌーズ機能もしっかりついているので、止めたまま寝てしまうといった心配もなく安心ですね。

また、専用のスマホアプリと連動によりヒーリングサウンドの再生も可能です。
質の高いスピーカーから流れるヒーリングサウンドということで、より睡眠導入の効果が期待できそうですね。

ちなみに、Amazonでは2020年3月現在在庫切れとのことですが、まだほかのサイトからは在庫があるようなので気になる方ら別のサイトから確認してみてはいかがでしょうか。

振動タイプ

次は設定時刻になると振動して起こしてくれる目覚まし時計のご紹介です。
音で起きれないといった聴覚障害をお持ちの方から、音量で周囲に迷惑をかけたくないといった方にお勧めです。

【枕の下に】ソニックシェーカー 携帯型振動式目覚まし時計 



商品リンク

こちらの製品は、枕の下にこの機械を入れて眠ると、設定時間に強力な振動により起こしてくれるというものです。

こちらの製品はサイズも手のひらサイズほどの大きさなので、持ち運ぶことも可能です。

また、クリップもついているのでこれを枕に挟めばずれて落ちる、といった心配もなくなります。

もちろんアラームはON/OFFの切り替えできるので、振動だけでは心配という方はアラームも一緒にならしてみてはいかがでしょうか。

また、アラームのみの設定も可能ですので、通常の置き型のアラームとして使ってもいいですね。

【音も光も一緒に】Bellman アラームクロック プロ



商品リンク

こちらの製品はもともと北欧スウェーデンで長年聴覚障害者のために研究、開発された商品です。

そのため、耳が聞こえない人でも確実に起きられるように設計されています。

北欧が生み出すだけあって、シンプルだけどちょっと目を引くデザインがおしゃれだなと思います。

こちらの製品は、振動だけではないところがこの商品の見どころなんです。

設定時間になると、振動とともにとても強いライトが点滅しはじめます。

しかも、アラーム音もMAX100dBまで徐々に大きくなってくるので、これで起きられないという方はなかなかいないのではないか、というぐらい優れた目覚まし時計といえるでしょう。

さらにすごいのはアラーム機能だけではありません。

こちらの製品に電話線を接続することも可能なのです。聴覚障害の方には、振動や光でも知らせてくれるので日常生活で大変役立つアイテムではないでしょうか。

お値段は2万円越えと目覚まし時計の中では高価ですが、試してみる価値はなかなかありそうですね。

ちなみに、日本語の説明書も入っているとのことで、北欧の言語が分からなくてもすぐに使用できますよ。

【腕時計】Tech Tools シェイクン・ウェイク 消音アラーム腕時計



商品リンク

こちらは腕に巻き付ける、リストバンドタイプの目覚まし時計になります。

寝相が悪い、枕の下に敷くタイプだと離れてしまうと起きれない、という方にお勧めです。

ご夫婦やお子さんと一緒に寝ていて、起きる時間がバラバラという方にお勧めです。
自分だけ早く起きなければならないといった場合でも、自分だけに振動が伝わるので周りの人起こさないで起きることができます。

振動のみの設定ができるため、公共の乗り物に乗っているときや、会社での仮眠時にも使用できるのでいろんな場面で使うことができそうですね。

また、腕だと蒸れてしまうという方は、ポケットに入れて寝ることもできるので、その時々によって変えられてよさそうですね。

照明タイプ

ここからは照明タイプのご紹介です。

人は太陽の光で自然に目が覚めるといった性質に合わせて、設定した時間に合わせて徐々に太陽の光に似た強い光を当てるというものです。

光で起こすタイプのメリットとしては、自然に目覚められるということ。
つまり音で起こすタイプや振動タイプと異なり、突然起こされるということがないので、うるさいアラームにイライラすることなく安らかに目覚めることができます。

【置き型】YABAE 目覚ましライト MY-09



商品リンク

こちらの製品は起床だけではなく、就寝時刻にも合わせて光を調整してくれるという優れもの。

また、設定時間を平日と休日分けてセットできるため、お休みの日はゆっくり起きたいという方にもおすすめです。

明るくなり始める時間も設定調整可能なので、睡眠が浅い方はこの時間を短めに設定するのがよいでしょう。

もちろんアラーム音も設定でき、音量調節も可能です。

アラームは自然音を採用しているため、心地よく目覚めることができそうですね。

こちらはFMラジオもついていて、アラーム音をラジオに設定することも可能だそう。

お気に入りの番組の聞き逃し対策としても利用できそうですよね。

ちなみに、USBの差込口があり充電も可能。

ボタン電池も内蔵しているので、普段は電源に差して停電時や災害時はライト代わりとしても使えそうですね。

これだけ機能があって、お値段も4,000円ほど。
気軽に照明タイプの目覚まし時計を試してみるにはうってつけの商品ではないでしょうか。

【スマホ連動】moonmoon inti4s



商品リンク

こちらの製品は先ほどご紹介した商品と似ていますが、異なるポイントとしては、大きく2つあります。

  1. 桁違いの明るさであること。
  2. 壁に取り付け可能であること。

1つ目の桁違いの明るさということですが、
なんと2万ルクスの光を出しているとのことです。

どのくらいか想像つきづらいですよね。

なんと手術台と同等とのことです。
それでもわかりづらい、という方には大型の野球場のナイターに使用されている照明の高原が2万5千ルクスほどなので、それに劣るぐらいの強い光が放たれるということです。

なので、光で起きづらいという方にもこの光の強さであれば光で目覚めることができそうです。

2つ目は、壁掛けが可能という点です。

先ほどの商品は置き型となるため、ベッド周辺に置き場所がないという方にも安心。
角度も調整可能なので、自分に地番当たる角度を調整できそうですね。

また、あおむけで眠るタイプの方には上からダイレクトに光があたるので起きやすそうですね。

もちろんこちらの製品もアラーム機能のついているので、心配な方はアラームをセットしてみてはいかがでしょうか。

お値段は3万円ほどとなかなか高価ですが、光の明るさに強い期待ができそうですね。

こちらは、人気の商品で2021年3月現在先行予約受付での販売となっておりますのでご購入の際はご注意ください。

その他

ここからは、ちょっと変わった特殊な目覚まし時計をご紹介します。

通常の音で起こすだけという機能ではなく、強制的に動かされることで目覚めを促すというグッズを探してみたので、ご紹介いたします。

【駅員さん御用達】定刻起床装置個人簡易型[SAC-5A型]

こちらは、JR東日本の公式オンラインショップで販売していた、商品です。

他の商品はSuicaペンギンやら、お子様向けのグッズが目立つ中、こちらの商品は異彩を放っていました笑

それもそのはず、こちらの商品は現行きの駅員さんが実際に使用している強制目覚まし時計ですから、”可愛さ”といった売れることを全く意識していません。

名前も「定刻起床装置」というネーミングセンスから物語っています。

使い方と機能はというと、

シートを背中に敷いてその上に寝るだけです。

指定した時間になると機械から空気が注入されることで、シート自体が膨らみ、体がブリッジのような体制になることで姿勢が崩れて起きる、というシステムです。

また、面白いのが膨らむだけではなく、ある程度膨らんだら解除をしない限り、膨らんだりしぼんだり、を繰り返して体がゆさゆさと動かされるという点です。

これなら、どんなに起きれないという人でも安心できそうですね。

こちらの商品、驚くべき点はお値段です。

公式サイト記載のお値段は¥105,000となっていました。

目覚まし時計に10万越え…と思いますが、
もともと駅員さんという、絶対に寝坊が許されない人に向けて開発された機械ですからこれほど確実に起きれる目覚ましはないのではないでしょうか。

【プロペラが飛び回る?!】XiAnSh フライング アラーム クロック



商品リンク

こちらの商品はある行動をしないとアラームを止められないというものです。

設定時間になると本体のアラームが鳴り、同時に頭にささってあるプロペラが発射されます。
そしてこのプロペラを頭にさすまでアラームが鳴り終わらないというもの。

しかも、取りに行くのは面倒だからと思って本体にある電池を取ろうとしても無駄です。
ねじが刺さっているため、電池をとることはできません。
結局自分がプロペラをとって差さないといけないということですね。。

値段もお手ごろですので、お子さんへのプレゼントにいかがでしょうか。

【目覚まし時計が動き回る!】Clocky ナンダクロッキー



商品リンク

こちらの商品は、なんと目覚まし時計自体が動きだす、という変わった目覚まし時計です。

本体両サイドのタイヤが動き回り、部屋を駆け回るというもの。

アラーム音と、スターウォーズのR2D2のような「ピコピコ」という電子音を出しながら動きます。
机の上から落下しても何のその。構わず動き回ります。

お掃除ロボット「ルンバ」のように頭が良いわけではないので、ベッドの下など狭い隙間に潜り込まれない前に止める必要がありそうです。

1回あたり9分間アラームが鳴り続け、捕まえて止めるまでスヌーズが発動されるので、結局起き上って止める必要があります。

かわいらしいデザインなので、朝起きるのが辛いお子さんでも朝から起きるのが楽しみになるのではないでしょうか?

自分にあった目覚まし時計を見つけて目覚めの良い起床を

いかがだったでしょうか。様々なタイプの目覚まし時計をご紹介いたしました。

何か気になる商品はありましたか?

人によってはすぐに起きられる人もいれば、なかなか起きられない人もいると思います。
ぜひ自分にあった目覚まし時計を探してみてはいかがでしょうか。

また、当モーニングコールでは直接お客様へお電話での会話を通してお目覚めの手助けを行っております。

気になった方は、ぜひ当モーニングコールサービスを試してみてくださいね!

では皆様にちょっぴり変化がありますように!それでは快適な生活をお送りください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました